もう長いこともしもドロップシッピング系の記事を書いてなかったので、なんとなく記事を書いてみようかと思います。

お題は、売上アップの為の集客アップ方法!

細かく言い出すと、ほんとたくさんの集客アップ方法があるのですが、今回は、ショップ作りが一段落した初心者~中級者向けに、売上アップへの最重要課題である集客方法を、ものすっごい大まかに4つに分別して紹介してみようと思います。

今後、どの方法をメインに集客をするかの参考にしてもらえれば幸いです♪

集客アップ方法×4

 

集客アップの為の方法×4

現状、もしもドロップシッピングにおいて、初中級者が売上継続や売上アップを図るには、集客アップとコンバージョン率(以下CVR)改善が肝かと思います。
ただ、CVRの改善に関しては、大枠で分類しづらい部分も多いので、今回は集客方法のみを大枠分類してみようと思います。

以下、その分類した各方法の説明と、私が独断と偏見で10段階評価した「施行難易度」と「継続難易度」を列記しています。(難易度=10が一番難しい)

即効性のあるSEO

[施行難易度:7 / 継続難易度:10]

中古ドメイン等によるサテライトサイト作成からの被リンク飛ばしによる方法で、リスクを伴う反面、即効性の高い手法です。
アフィリエイト業界でトップクラスの売上を上げ続けている谷の人達の状況を見る限り、まだまだ有効性が高いと言わざるをえません。(将来的にどうなるかは分かりませんが)
この方法も1つの手ではありますが、ペナルティを受けた際、その復活や復元が容易ではない事と、いつ飛ぶか分からない恐怖がある分、知識や技術、精神力が必須の方法だと思います。

継続性の高いSEO

[施行難易度:7 / 継続難易度:2]

ホワイトハットと言われる、内部SEOやコンテンツ充実などによる、検索エンジンの目指す方向性に沿ったSEOを行なう手法です。
即効性はないものの集客効果の継続性が高く、長期展開を考える場合に非常に有効な方法です。
もしもドロップシッピングにおいてはこの手法を用いている人口が一番多いと思うし、商品やジャンルの選定さえ間違わなければ、長く売上を上げ続ける事が可能です。(私はほぼほぼこの方法のみ)。

ソーシャル活用

[施行難易度:8 / 継続難易度:7]

ツイッターやはてブ、Facebookなどのソーシャルメディアを活用して集客する、SMOと言われる手法です。
爆発力があり、うまく活用すればファン付けもできるので非常に魅力的な方法ではあるのですが、基本的に、各ソーシャルメディアでその爆発力を得るまでには、かなりの下準備やノウハウ確保が必要となります。
個人的には、もしもドロップシッピングとは相性が悪いと思っています。

PPC広告

[施行難易度:9 / 継続難易度:5]

資金を投入して広告をうつ事で、集客を自分の意思でコントロールする事が可能な手法です。
ウェブマーケティング初心者には非常に難しい手法である反面、この方法をものにすれば、どの手法よりも安定した集客やコンバージョンを確保できるメリットがあります。
もしもドロップシッピングにおいては、利益が取りやすい商品を選んだり、利益率UPの施策とセットで考えていかなくては、黒字にするのは至難の業ですが、そこさえうまくできれば(上位常連のあの方のようにw)安定した収益を確保できると思います。

スポンサーリンク

 

まとめ

はい。ということでまとめです。

私個人としては、初中級者が一番初めに始めるには、「即効性のあるSEO」か「継続性の高いSEO」が良いと思います。
どちらで始めるかは、それらの手法の情報を得れる環境があるかどうかや、あなたの考え方に左右されると思います。

また、そのどちらかを他者に説明できるくらいのレベルになれば、キーワードマーケティングや、CVに対する考え方の基礎等のノウハウも身についているはずなので、「PPC広告」に挑戦してみるのも良いかと思います。


このブログの現在の順位はこちら→∩(´∀`)∩