(2017/10/2)2016年3月31日以降の新基準に対応

前回、もしもAPIで各種情報を表示する方法を大雑把に記事にしましたが、なんとなく気になったので、もう少し実用性を高めたものにしてみました。

今回取得できるデータは以下です。

取得できる項目 取得するためのコード
商品名 <?php echo $moshi_data[name] ?>
画像URL <?php echo $moshi_data[img] ?>
税込価格 <?php echo $moshi_data[price] ?>
支払い方法(クレジット/クレジット+代金引換) <?php echo $moshi_data[payment] ?>
在庫状況(在庫切れ/在庫わずか/在庫あり/在庫豊富/予約販売) <?php echo $moshi_data[stock] ?>
納期(即日発送/○~○営業日/△年□月初旬等) <?php echo $moshi_data[dod] ?>
同梱可否 <?php echo $moshi_data[bundle] ?>

 

取得するための手順

手順としては、

  1. データを取得するためのPHPファイルを作る
  2. データを表示したいページに、そのファイルを読み込む
  3. 表示するためのコードを書く

という形になります。

 

1.データを取得するためのPHPファイルを作る

以下のソースをテキストファイルに全コピペして「moshimo_api.php」という名前で保存してください。
もしくは、zipファイルでダウンロードして解凍してください。

そして、ここもしもAPI認証コードを取得して、上記ソースでいうと5行目($api_key = "もしもAPI認証コード";)の部分に入力してください。

 

2.データを表示したいページに、そのファイルを読み込む

先ほどの「moshimo_api.php」を任意のサーバにアップし、商品情報を表示したいページのソース一番上に以下を表記する。(<body>の上あたりで良いかと)

('./moshimo_api.php'の部分はアップしたサーバの場所を示す相対パス。上記は同じディレクトリにファイルがある場合の例)

 

3.表示するためのコードを書く

表示したいページのソース内の、商品情報を表示したい場所の直前に商品IDを入れたコードを書き(1行目)、あとは、この記事の冒頭で一覧にしたPHPコードを記載すればOK。

以下例。

で、上記例の商品IDに「亀山社中のお肉のID(343198)」を入れた場合、以下のように表示されます。

お肉(ともう1つ適当に入れてちょっとだけ加工もしてみたw)

 

今後やってみるかもしれない事

とりあえず、上記でもしもドロップシッピングにおける商品情報を、もしもDSサーバーから引っ張ってこれるとは思います。

しかし、WordPressやSIRIUSで使う場合は一工夫必要かと思うし、ショップできすぎくんではPHPは使えないと思うし(←使い方分からないのでもしかしたら使えるかもw)、Javascriptを絡めて、もうちょっと汎用性の高いものを作れたらなぁ、と考えています。

あと、カテゴリページ等の商品一覧ページにおいては、
もしもAPIの仕様上、1分間に90回以上のアクセスがあると、アカウントが1分間凍結されるので、この場合の情報取得はさらにもう一工夫必要になると思います。(自動取得にするには、エックスサーバー等のcronが使えるサーバじゃないと難しいと思われ)

まあこれも、酔っ払ってテンションがおかしくなった時にでも、酒の肴としてやってみるかもしれませんw

 

ということで、自分のショップには使わないくせに、意味もなくもしもAPIによる情報取得を試してみたので、需要があるかどうかわからないけど共有してみました♪


このブログの現在の順位はこちら→∩(´∀`)∩