[もしもDS]売上停滞の原因調査とそのリカバリ&今後の施策

スポンサーリンク
スポンサーリンク

先日、もしもドロップシッピングに対する手抜きっぷりを反省したのを機に、23日・24日の2日間で1時間ずつ、計2時間の改善時間を確保!

自分なりに改善を施してみました。

売上げアップのために色々施策を試みる姿勢w

 

スポンサーリンク

web解析ツールで発見した事項

まず始めにしたのは、もちろん解析ツールとがっつり睨めっこ!

すると、明らかな異常値が2つ見つかりました。
1つは、かご落ち率が先月・先々月と比べ10%以上高くなっていること。
もう1つはCVR(転換率)が落ち込んでいること。

まあこの2つは大抵の場合、連れ立って数値を悪くするので、同じ原因での数値悪化だろうなぁと思いつつ、すぐさま商品在庫チェックツールを走らすと、案の定、ピックアップしている商品が在庫切れを起こしてました!

完全に未然に防げた内容のミスでした(〒_〒)

で、修正後、もう一つ気になったので調べた事があったのですが・・・ビンゴ!

先月・先々月と比べて、購入に結びついたキーワードが明らかに変化している!!

2月~4月にかけてこっそり施してきた戦略が見事に(否、偶然w)ハマって、
単一キーワードでの購入が減り、ロングテールキーワードでの購入が増えている!

 

今後の展開・施策

ロングテール戦略は、「70万以上の売上を持続させる」という目標を達成するには必須の仕掛けだったのですが、思いの他うまく事が運んでいたのでびっくりしました♪

ただし、その先の戦略として、ロングテールキーワード数の拡大が必要だったのですが、ここ最近のサボりのせいで施策がまったく進んでないんですよね(〒_〒)

ということで、今まで時間を言い訳に一切作ってこなかった「お役立ちコンテンツ(商品についての豆知識的なもの)」を作っていこうと思います!

まあ、今月はちょっと無理そうなので来月半ばくらいの話にはなりそうですけどね(^^ゞ

コメント