duplicatorなどのWordPress引越し用プラグインを使うと、サイトの規模や通信環境によって、うまく動かない場合があります。

そんな時、手動でWordPressのサイトやブログを引っ越す方法を以下に記載します。

スポンサーリンク

 

移転方法

大まかな流れとしては、移転元のデータをダウンロードして、移転先にアップロード。その後、検索エンジンに移転した事を伝える、という形をとります。

①移転先にWordPressのためのデータベースを作っておく

この時、 データベース名、ユーザー名、パスワード、ホスト名をメモ帳にでもコピペしておく事。

 

②移行元のルートフォルダ内のすべてをダウンロード

FTPソフト等を用いてすべてのファイル&フォルダをローカルにダウンロードする。

WPルートフォルダのFTP画面

 

③wp-config.phpを書き換え

ダウンロードしたwp-config.php内の以下項目を、コピペしておいた移転先のデータベースのものに書き換えて保存する。

 

④ダウンロードしたファイルすべてを移転先のルートフォルダ内にアップロード

先程のwp-config.phpも含むすべてのファイル。

 

⑤移転元のphpMyAdminにログインし、sqlファイルをダウンロード

エクスポートタブをクリックしてダウンロードを実行する。
phpMyAdminのバージョンによって若干設定内容は異なるが、気を付ける点は、エクスポートするテーブルを「全選択」にし、出力を「ファイルに保存する」、フォーマットを「SQL」にするくらいかと思われ。

phpMyAdminでエクスポート

 

⑥ダウンロードしたsqlファイルを一括置換

移転元URL=http://example.com
移転先URL=http://test.com/example
だった場合、
「example.com」を「test.com/example」で一括置換。
(秀丸などのテキストエディタやDevas等の置換ツールを用いる事)

 

⑦移転先のphpMyAdminにログインし、sqlファイルをアップロード

インポートタブをクリックしてアップロードを実行する。
phpMyAdminのバージョンによって若干異なるが、大枠は以下の通りでOK。

phpMyAdminでインポート

 

⑧移転元ルートフォルダ内の.htaccessに以下を追記

.htaccessが存在しなければ、新規作成して記載。検索エンジンに移転した事を伝える。

 

以上。


このブログの現在の順位はこちら→∩(´∀`)∩