WPで親テーマ・子テーマそれぞれの絶対URLや相対パスを取得する関数

スポンサーリンク

WordPressにおいて、今現在使用しているテーマのディレクトリまでのURLや相対パスを取得したい場合どのようにすれば良いのだろうか?

答えは簡単。

以下の関数を使うだけである。

スポンサーリンク

親テーマ&子テーマのURLや相対パスを取得する関数

WordPress4.7以降なら以下4つでそれぞれ取得できる。

なお出力結果は、サーバはエックスサーバー、テーマはcocoonを使用している場合の例。

絶対URLの取得

親テーマの絶対URLを取得
関数 get_parent_theme_file_uri()
使い方例 echo get_parent_theme_file_uri('/tmp/hoge.php');
出力結果例 https://test.jp/wp-content/themes/cocoon-master/tmp/hoge.php
子テーマの絶対URLを取得
関数 get_theme_file_uri()
使い方例 echo get_theme_file_uri('/tmp/hoge.php');
出力結果例 https://test.jp/wp-content/themes/cocoon-child-master/tmp/hoge.php

 

相対パスの取得

親テーマの相対パスを取得
関数 get_parent_theme_file_path()
使い方例 echo get_parent_theme_file_path('/tmp/hoge.php');
出力結果例 /home/○○/test.jp/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/tmp/hoge.php
子テーマの相対パスを取得
関数 get_theme_file_path()
使い方例 echo get_theme_file_path('tmp/hoge.php');
出力結果例 /home/○○/test.jp/public_html/wp-content/themes/cocoon-child-master/tmp/hoge.php

 

昔の絶対URL取得方法

なお、参考までにWordPressのバージョンが4.7未満でも使用できる関数も載せておく(一応今も使えるみたい)。

親テーマの絶対URLを取得
関数 get_template_directory_uri()
使い方例 echo get_template_directory_uri('/tmp/hoge.php');
もしくは
echo get_template_directory_uri() . '/tmp/hoge.php';
出力結果例 https://test.jp/wp-content/themes/cocoon-master/tmp/hoge.php
子テーマの絶対パスを取得
関数 get_stylesheet_directory_uri()
使い方例 echo get_stylesheet_directory_uri('/tmp/hoge.php');
もしくは
echo get_stylesheet_directory_uri() . '/tmp/hoge.php';
出力結果例 https://test.jp/wp-content/themes/cocoon-child-master/tmp/hoge.php

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました