最近大阪から広島に引っ越して、大好きなテニスができない状況だったせいか、偏頭痛が起きる程の肩凝りに悩まされていました。
で、これはヤバイと思って、色々試行錯誤の末、一番の原因であるパソコン作業の環境を改善する事にしました。

スポンサーリンク

 

ということで色々調べた結果、キーボードとモニターの位置関係って、肩凝りと密接な関係にあることが分かったので、さっそくそれらを配置換え。

出来上がったのがこれです♪

肩凝り解消の為のキーボード配置

 

写真のようにしたところ、姿勢が激的に良くなったせいか、約2週間ほどで、肩凝りがかなり緩和されました♪(2017年9月11日。肩凝りなくなりました!!!!!

 

工夫した箇所としては以下。

  • モニタの高さを、姿勢を伸ばした状態で目線を少し落とすくらいの位置にした[参考:目ディア]
    (目の疲れにくい目線)
  • キーボードを一番手前にもってきてマウスをその真横に配置
    (モニターとの距離をとる&背筋を伸ばす効果)
  • モニタの中心とキーボードの"H"が同じくらいの位置になるようにした[参考:大塚商会]
    (曲がった姿勢を作らない)
  • キーボードの爪(チルトスタンド)をたたむ
    (手首の負担軽減)

 

ちなみに今までは、

  • モニタは見上げるような位置にあった
    (目をより開く形になり乾きを加速。疲れやすくなる)
  • マウスの奥(モニタ側)にキーボードを置いていた
    (前傾になり、目が近い&猫背になりがち)
  • モニタの中心とキーボードの中心が同じ位置
    (姿勢が左に傾く)
  • キーボードの爪がたっている
    (手首が曲がり、負担がかかる)

でした(^^A

 

週に3回くらい買い物&飲みに出るくらいで、他は家に篭ってずっとパソコン作業をしている私の今の環境で、肩凝りが改善された原因は上記の他に考えられません

なので、「ソース=自分」だけど、わりと効果のある肩こり解消方法ではないかと思われです。

ぜひ、皆さんもお試しあれ♪

(2017年9月11日追記)
私が肩凝りを解消できたのは、配置換えに伴ない、意識して姿勢をよくする事を心がけていた事も、大いに影響していると思われます。もちろんですが、この配置にしたからと言って、必ずしも肩凝りが解消できるとは限りませんのでご了承をば(^^A

 

使用した商品

以下、今回の配置換えのために購入。使用したグッズたち。

机上ラック

モニターを適度な高さに調整する為に購入。
下にキーボードを収納できるので、机を広く使用する事が可能♪
しかもUSBハブとコンセントx2個付きなので、非常に便利!

今まで有線キーボードだったのだけど、キーボードを手前にもってくる際、コードが邪魔になったので購入♪
無線マウスがLogicoolなのでレシーバも1つで済んだし、シンプルでタイピングし易いキーボードなので、かなり気に入りました☆


このブログの現在の順位はこちら→∩(´∀`)∩