500エラー(500 - Internal Server Error)とは、サーバー側プログラム内部でエラーが起こり、クライアント側(ブラウザ側)からの要求を処理する事ができない状態のこと。 (500番代のエラーはすべてサーバー側のエラー)

この500エラーが起こった場合、以下のような原因の事がわりかし多い。

①htaccessの記述ミス
PHPを使いますよ~っていう以下のような記述(サーバーによって記述方法はマチマチ)がされてなかったり等、いろんな要因が考えられる
AddHandler x-httpd-php5 .php .phps

②パーミッションの設定ミス
大抵は755にすればOK。

③PHPコードの記述ミス
PHPファイルの先頭に以下を埋め込んでエラー箇所を発見し、修正すればOK。

 

で、上記を色々やっても解決しない場合は、状況をちゃんと説明して詳しい人に聞くのが一番。
個人的にめちゃめちゃ利用しているのは、Yahoo知恵袋のweb特化版的あつかいの質問サイトテラテイル

 


このブログの現在の順位はこちら→∩(´∀`)∩